やばグ

今日も今日とて楽しさ重視。

「ラブライブログアワード2019」のノミネート対象全記事をPythonで収集したよ。

こんにちは。はまです。お元気です。お元気ですか?

今日も今日とてラブライブログアワード2019日和ですね。

 

もし万が一ラブライブログアワード2019を知らない人がいたら今すぐこちらをお読みください。

 

さて、先日こんなツイートをしました。

そんなわけなので、この記事リストを共有したいと思います。

その前にちょっと説明が必要なので、まずはこちらをご覧ください。

f:id:yabaihmsk:20191108163715p:plain

端折っている処理も多いですがおおよそこんなことをしています、というフローチャートです。ちなみにPythonで実装しました。好きなので。

ここをこうするのが大変だったのでこんな工夫をして実装しました!みたいな話をしたいという気持ちもちょっとだけあるのですが、そんなことはどうでもよいのでしません。もしも何か質問があればTwitterとかで聞いてくれたらなんでも喜んでお答えします!

 

さて、それではフローチャートを示してまでいったい何を説明しようというのかということなのですが、 それは記事抽出のアルゴリズムを示すことで逆説的に「リストに入ってないブログたち」を意識してもらいた~い!ということです。

 

要点は大きく以下の4点です。

 

①任意のアカウントのフォロワー

抽出対象は任意のアカウントを指定できるよう作成したのですが、今回その対象アカウントはラブライブログアワード公式アカウント(@loveliblog2019)となっております。アワードに興味持ってるブロガーの方なら高確率でこのアカウントをフォローしているはず、という判断です。なのでアワード公式アカウントをフォローしていない方のブログは残念ながら抽出対象外となっています。

 

Twitterのプロフィールから

TwitterのプロフィールからURLを取得しているため、上記アカウントをフォローしていてもTwitterのプロフィールにブログのURLを設定していない場合は残念ながら抽出対象外となります。残念。

 

はてなブログ

これはけっこう苦渋の判断だったのですが、今回のリストの対象となっているのは、界隈で最もシェアが高いと思われるはてなブログにて書かれたブログのみとなります。

フローチャート内にも小さく書かれているのですが、記事リスト抽出記事内容の判定はhtmlの内容を解析して行っています。この解析の仕組みは僕がはてなブログの記事ページのソースを見て作ったものなので、数多あるその他のブログサービスに対して汎用的に使いまわせるものではありません。というわけで、はてなブログ以外のブログサービスにて書かれた記事は残念ながら抽出対象外となっています。

 

④記事内容がアワード対象か

さて肝心の記事内容の判定ですが、記事本文中に"ラブライブ","Aqours","µ's"のいずれかの単語が含まれているかで判定しています。けっこう緩い判定だと思うので本質的には関係無いような内容の記事もバシバシリストに入っていますね。

逆に、あるのかわかりませんが例えばAqoursラブライブの話を一切しない"純"な沼津旅行記事があったとしたらそれはこのリストには入っていないということになります。果たしてそれが”ラブライブログ”なのかは神のみぞ知るところですね。

 

 

というわけで、「なんであの人のブログが入ってないの!?!?」っとなる可能性についての説明ができました。要するにこのリストはこういう理由で不完全であるということを念頭に置いてご覧ください、ということが言いたかったわけです。

前置きが長くなってしまいましたね。ようやくリストを公開いたします。

あ、csvのまま欲しいって人はなかなか居ないと思うのでgoogleスプレッドシートに読み込ませておきました。たぶんexcelとかにエクスポートもできると思います。ご自由にお使いください!

 ラブライブログアワード2019 - Google スプレッドシート

※2019/11/9追記

収集対象期間を間違っていた(2018/10が抜けていた)ため修正し、リストも更新しました。それに伴いTwitterのプロフィールに変更があった人や新規フォロワーの方などによる変動も出ているので、一応修正前のシートも残してあります。

 

 

FF外の方の記事もたくさん入ってるので(個人の感想)一覧を眺めるだけでも楽しいですね。

にしても記事が多い! このリストから気になるタイトルの記事を読むもよし、かたっぱしから読んで全部に点数をつけるもよし、印刷して紙飛行機にして飛ばすもよし。各々のやり方で自由に活用していただけたら幸いです。

 

というわけで以上です。

まだラブライブログアワード2019は始まったばかりです。主催の魂さん(@tamashiill)に感謝しながらみんなでわいわいブログアワードを楽しみましょう🐶

 

ここまでご覧頂きありがとうございました。それではまた次回!

#31 おっぺけぺーのうんちぶりぶり

こんにちは。こんばんは。はまです。おはようございます。

さて、勢いで仕事を辞めて九州から関東に飛び出してきてふと気がつくとなんと4ヶ月も経っていました。まじ?

というわけなので、突然ですが最近の気づきや近況報告などをつらつら書くことにします。なぜかオタクの近況に興味を持ってくれるあなたのことが…好きよ。

 

自由とか不自由とか

仕事を辞めるにあたって、とにかく自由にいろんなことに挑戦しようというつもりでいました。1年くらいはフリーターでもしながら自由謳歌してやろうと。その挑戦したことのひとつがYouTuberでした。(今はさぼってるけど辞めてないよ、さぼってるだけ)

で、結論から言いますとこの生活は想像してたほど自由じゃなかったです。

最初の1~2ヶ月くらいは自由でめちゃくちゃサイコーでした。なぜなら少しだけ貯金があったからです。しかしまじで少しだけしか貯金が無かったので、当然すぐに限界がきました。こっちはお金が無くてやべえというのに税金は容赦してくれないし、なんなら増税までしやがるのでそれはそれはもう大変でした

せっかく関東に来たというのにお金がないせいで行けるはずのイベントにも行けないし(なぜならお金がないので)、せっかくオタクが沢山いるのに飲みに行ったりも数えるほどしかできませんでした(なぜならお金がないから)。

 もちろんフリーターになるとお金がカツカツになるのはわかっていました。それでも自由なので最強じゃろがいと思っていたのですが、さすがにある日気づきました。「いやこれ不自由じゃね?」と。

時間はわりとあるけどお金がない」と「時間はないけどお金はわりとある」をどっちも経験した結果、どうやら後者のほうが自由っぽいな、というのがこの数ヶ月で出た答えです。

そういうわけで本当は1年くらいおっぺけぺーのうんちぶりぶりしてるつもりだったのですが普通に働いちゃうか…?なんて思い始めたのが今から1ヶ月くらい前のことです。

f:id:yabaihmsk:20191002224516j:plain

おっぺけぺーのうんちぶりぶり(直筆)

普通

あんまり認めたくないことですが、僕は結局のところいわゆる「普通の人」です。それを認めたくなくて社会からちょいとはみ出してみたけど、それくらいのことで都合よく人生がガッと変わったりはしてくれないということを身を持って感じました。

というわけでちょっくら仕事探すかーとなりスッスッと2社ほど受けてみたところ2社ほどから内定を頂きまして(こいつアホみたいなのにさらっと無敗で転職活動終えてて実は優秀な人材なのかな?かっこいい!って思われたい)11月からまたITエンジニアとして働くことになってしまったわけです。人生ってさ…  

 

特別

自分が普通であることを受け入れた上で、自分が持ってるもので頑張って突き抜けられる人こそが特別な存在だと僕は思います。

思ったよりも早く普通に働く道に戻ってしまう選択をしてしまったので、自分の普通さに若干なんだかなあという気持ちがありますが、それでも(それ故に?)これからも「何者か」になるための努力を絶やしちゃいけないな、と強く思います。これからもがんばれ!おれ!

 

おわり

というわけで、最近の話をさらりとしたのですがなんかやっぱり長々と自分のことを書くのがあまり上手くないので困ります。もしかしたらブログよりも飲みの席とかでだらだら喋るほうが得意かもしれません。しらんけど。

なのでようやくお金に余裕が生まれて容赦なく飲みに行けるようになる(はず)なのが嬉しいですね。改めて関東の人は飲みに行きましょう!

 

特に内容決めずに書いたのでまとまりが無い気がしますがいつもそんなもんでしょう。

最後までお読み頂きありがとうございました!ではまた次回の更新でお会いしましょう。

「仕事を辞めてYouTuberになる人」は一体なにを考えているのか?

こんにちは。お久しぶりです。はじめましての方ははじめまして。はまです。

まずはじめに、今回の記事における「仕事を辞めてYouTuberになった人」とは他でもない僕自身のことです。なんかいろいろあって気づけばYouTuberになっていました。どえらいことです。 

youtu.be

さて、この記事を読んでいただけているということは、『「仕事を辞めてYouTuberになる人」は一体なにを考えているのか?』というタイトルに興味を持っていただけたということだと思います。そうですよね?ありがとうございます。興味を持って頂いた方をさらに分けると、おおざっぱに

・YouTuberという存在に対し批判的な立場で馬鹿にしてやろう的な姿勢の方

・YouTuberという存在に対し好意的(あるいは中立的)な立場で表題の内容に純粋な興味を持った方

の2通りの方がいるのではないでしょうか。

今回する話は僕の主観僕の人生の話なので当然YouTuberに対して好意的な立場が前提となっています。その上で、今回の目標は「YouTuberに対し批判的な人」にちょっとでも理解を示してもらうことにしようかと思います。そもそもブログに目標が必要なのかは不明ですが、まあ気にしないでください。

はじめに

今回僕の心中や境遇などあれもこれも赤裸々に語るつもりではいるのですが、初めに断っておきます。本当の意味で赤裸々に語ることはありません。これにはいくつか理由があるんです。まあ聞いてくださいな。

「沈黙は金」という言葉があります。雄弁より喋りすぎないほうがイケてね?という意味の言葉ですね。喋りすぎないほうがいいと思う理由って僕の中では2つあって、1つは単純に、例えば同じ量の善行をした人でも、大声で「こんないい事をしたぜ!」と主張する人よりも多くを語らない人のほうがカッコいいからです。

2つめの理由は、「多くを語らないことでそこに深みのようなものが生まれる」からです。かの有名なミロのヴィーナス像には両腕がありません。その昔、失われた両腕がもともとどんな姿形をしていたのかについてミロのヴィーナスの専門家たちがやんややんやと話し合ったそうです。そうして出た結論は「腕が無いことによって我々にもたらされる想像の余地こそが芸術の真髄~~~!」というものだったそうです。いいなあ、僕もミロのヴィーナスの腕についての妄想を話し合う仕事がしたいです

f:id:yabaihmsk:20190824005851j:plain

ミロのヴィーナス

また、例えばインターネットではHIKAKINがいくら稼いでるのかなんて議論がよく盛り上がったりしますが、こういう話題は答えが出ないからこそ白熱し続けるものです。「HIKAKINが収入を明かさないことによって我々にもたらされる議論の余地こそがインターネットの醍醐味~~~!」となるわけです。HIKAKINの収入はヴィーナスの両腕なのです。

よくわからん話をしてしまいました。言いたいこと伝わりましたか?要するに、キャラ作りという意味なんかも含めて、僕の生活や思考の一部は皆さんの想像におまかせすることになるということです。あえて明かさなくてもいいことは明かさないことで生まれる想像の余地が、案外お互いのためになったりすることもあるのです。たぶん。

前置きが長くなってしまいましたね。すみません、そろそろ本編が始まります。

 

人生の王道と邪道の話

どうしてYouTuberのような例外的な生き方が理解されにくいのかというと、やはり王道の人生がこそが社会的に正しく、多くの人の価値観においてそれ以外は邪道だからだと思います。王道の人生とはつまり、普通に進学して普通に就職して普通に結婚して普通に年を取り普通に孫に見守られながら息を引き取るというめちゃくちゃ幸せな人生のことです。ぐうの音も出ない圧倒的な正しさがそこにはあります。その正しさの外側を許容するのは、多くの人にとってなかなか簡単なことでは無いということは想像に難くないでしょう。

僕自身も当然のように概ねその正しさに則って生きていました。地元で中の上くらいの高校に進学して、地元の国立大学に進学し(留年はしたけど)、無事に卒業・就職して、結婚する予定こそなかったけれど、そこそこ王道の正しい人生だったと思います。

しかし、これまた月並みな表現になってしまいますが正しさだけが正解じゃないというのもまた人生なのです。なにか大きなきっかけがあったわけではありません。ただ平凡で忙しい仕事をこなす日々の中で、ふいに社会的な正しさに背くような邪道を選択したくなってしまう時期が急に訪れたのです。

極論を言うと、程度の差はあれど誰でも少しはそんな願望を持っていると僕は思います。思い切って動いてみればおもしろ人生が待っているかもしれない。何か劇的な日々が待っているかもしれない。もう数年で20代が終わってしまうし、ここらがふざけるには最後のチャンスかもしれない。

そんな感じで思い立ってから約1ヶ月半後。僕は正しさを手放しYouTuberになったのです。

 

YouTuberの話

YouTuberという存在はここ数年で随分と世間に認められつつあると思います。しかしそうはいっても、まだまだ広く言う「世間」はそう簡単に認めてくれないなというのもまたどうしようもない事実です。そんな世間体が全く気にならないかと言ったらそりゃまあ多少は気になるんですが、とはいっても気にしてても無駄だなというのが僕の考えです。

事実としてYouTuber市場の規模は拡大し続けているし、(よくなにかとYouTuberはもうオワコンだ!と難癖を付けたがる人を見かけるが、本気でそう思っているのか事実無根でYouTubeネガキャンをしたいだけなのかとっても興味があります。どちらにせよアンポンタンだなあと思うけど。)そもそもYouTuberという存在がピンキリすぎるのでそれら全体を覆う「世間体」が多少アレなのはまあ、仕方のないことだと思います。

それはそうとして、実際にYouTuberの人たちがやっている活動内容については随分と不当に低く評価されているように感じます。コンテンツを生み続けるというのはそれはそれは大変なことです。想像してみてください。「コンスタントにおもしろいネタを考え続けて撮影しつづけて編集しつづける」これを週6とか7とかでやってる大手YouTuberたちはマジで本当にすごいのです。これを当人たちは飄々と馬鹿のフリをしながらやっているんだからマジでめちゃくちゃえらいです。

僕らは現在週3投稿なので全然えらくないのですが、このペースですらまあまあ大変だと感じるくらいです。ぱっと見シンプルな作りの動画でも1本編集するのに早くても半日~1日くらいはかかりますからね。要するに、どうやらYouTuberという存在は世間が言うほど「楽して稼いでる」ような職業じゃ無いっぽいということです。

YouTubeを観る層というのは本当に幅広いので、YouTuber側もまた多種多様なジャンルで活動している人がたくさん存在します。それ故にお手本となる存在こそたくさんいるのですが、そこに模範解答やマニュアルのようなものは存在しません。そんな中でなんとか新規性のあるネタを考えたり編集したりするというのは、やっぱり大変なりに相応のやりがいがあります。もしうまく行けばこれで食っていけるかもしれないとなると、それはそれは大変夢があるお話ですよね。そりゃあ「なりたい職業ランキング」にも食い込んできますわ。なにより楽しいしね。これに尽きます。

youtu.be

↑前職での経験を活かして自作のプログラムでPC破壊ドッキリ。これまでのYouTube界にはありそうでなかったけっこう面白い動画だと思うけどそう簡単にバズったりはしてくれません。

 

これからの人生の話

そんなこんなでちんちんでお絵かきをやったりしつつも、僕らは一応年齢だけ見ると立派な大人です。

youtu.be

↑ちんちんで絵を描く動画

 このまま泣かず飛ばずでインターネットの海に埋もれていく可能性を、当然考えないわけがありません。

YouTuberになることにしたのは手段の一つであって、本質的にはYouTuberになりたいのではなくおもしろ人生を送りたいのが僕らの総意です。そんな僕らがYouTuberとしての進退も含めて、いったい今後どんな人生を歩んで行くのか。これからについていろいろ考えてたりもしますが現時点では秘密にしておきます。来ました、これが「沈黙は金」理論です。僕らの人生そのものがヴィーナスの両腕です。知らんけど。

なにか偉大な構想を隠し持っているのか、それとも何も考えてないおっぺけぺー集団なのか。今後いろいろ明かされていくかもしれないし、何も明かされないかもしれません。

興味が湧いた方は、是非YouTubeのチャンネル登録をしておくと良いかもしれませんね(露骨な宣伝)。

邪道に逸れた僕たちの人生が今後どうなっていくのか、どうぞ楽しみにしていただけると嬉しいです。

 

最後に

申し遅れました。我々「ヘル地獄」と申します。大人なのにYouTubeでふざけています。ちょっとでも興味を持っていただけたら、是非チャンネル登録をよろしくお願いします。

www.youtube.com

普段からこのブログを読んでくれてる人もはじめましての方も、ここまでお読みいただき本当にありがとうございました!

 

ついでにといいますか、万が一僕に興味を持ってくださった方が居られた時のために色々なリンクをまとめておきます。よろしくお願いします。

Twitter(ヘル地獄)https://twitter.com/hell_jigoku

ヘル地獄の公式Twitterです。動画の告知中心ですが時々日常的なふざけた動画とか写真とかも載っててウケます。

Twitter(はま)https://twitter.com/ybybybmh

ただのオタクとしての個人的なアカウントです。ラブライブ!の話とか中心にいろいろやっているかもしれません。

YouTube(ヘル地獄)https://www.youtube.com/channel/UCbMzV-Z578C81FdKu6EzseA

ヘル地獄YouTubeです。ふざけてます。チャンネル登録よろしくお願いします。

YouTube(はま)https://www.youtube.com/channel/UC3ZUoqmcSSYIuvhLg8U6eoQ

ヘル地獄誕生以前からちまちまなんかやってたチャンネルです。ベースを弾いたり旅したりしています。最近スラップを弾いた動画がめっちゃ再生されてて嬉しいです。

 

改めてここまでお付き合いありがとうございました。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。

Next SPARKLING!!

こんにちは。はまです。

 

今日は2019年6月8日。

ラブライブ!サンシャイン!! 5th LoveLive! ーNext SPARKLING!!ー 当日ですね。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

たった今飛行機が定刻通りに熊本を飛び立ちました。せっかくなので写真を撮ります。

f:id:yabaihmsk:20190608110654j:image

霧がすごくてよくわからんけど田舎っぽい景色です。

 

f:id:yabaihmsk:20190608110657j:image

今雲を抜けました。と思ったら上にまだ雲がありますね。どうなっとるんだ。

 

 

さて、前回の記事を読んでくれた方はご存知かと思いますが僕は先日仕事を辞めました。そして本日、26年と少しの間過ごした熊本に別れを告げてきました。

 

今日という日に新たな輝きを目指して旅立つということについて、ラブライブ!サンシャイン!!の物語と絡めてあれこれ語ればそれなりにエモくなったりするかもしれません。

しかし、僕は今のところまだ仕事を辞めただけです。仕事辞めました!なんてことを作品の物語のエネルギーを借りて劇的に飾り立てても、それはずるというか虚無というか、なんか自分に酔ってるみたいでダサいですよね。

 

今の僕だからこそ受け取れるメッセージが、エネルギーが、間違いなく今回のライブには詰まっていると思います。今日僕にやれることは、全身でそのエネルギーを受け取ることだけです。

そしてそのエネルギーを糧として、これから始まる挑戦の日々の中で僕が何者かになれた時。その時は胸を張って、べろべろに自分に酔いながら劇的な自分語りをしてやろうと思います。や、たぶんやらんけど。

 

Next SPARKLING!!

直訳すると「次の輝き」。

劇場版の最後の曲という意味でも東京ドームを通過点としてたどり着いたAqoursのライブという意味でも、めちゃくちゃ良いタイトルですよね。

今日Aqoursが魅せてくれるのはどんな輝きでしょうか?ワクワクが止まりません。

 

皆さんも誠心誠意、Aqoursの次の輝きを見届けましょう。

そして、貴方だけの次の輝きがみつかりますように。

 

f:id:yabaihmsk:20190608110700j:image

遠くに強そうな山がちょっと見えます。あれは富士山ですか?富士山だといいな。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

それでは皆さんメットライフドームで会いましょう!

 

ご報告。

#30 楽しさ重視

こんにちは。平成最後のはまです。突然ですが平成最後の自分語りをします。平成最後に読んでいってくださいね。

 …っていう書き出しをしていたのにも関わらず平成最後に更新し損ねました。はまです。皆さまの令和は順調ですか?

 

さて、少しまえに雑記で、友人のおもしろ転職の話をしました。 

最近まあまあ仕事がしんどいです。まだ逃げ出すほどではないですが、そのうち本気で嫌になったときに僕も思い切っておもしろ人生に漕ぎ出したい。そんなことを考えられる前例を友達が作ってくれたことを幸運に思います。

 こんなことを言っています。思えば雑記ではこれまで何回も「何者かになりたい」という思いをいろんな形で書いてました。どれもこれも「宝くじあたらんかな」みたいなレベルのぼやっとした感覚でしかなかったのですがそのくすぶる思いは本物で、悶々とした毎日を過ごしていました。

 

仲の良い友人なんかにそんな話をすると、けっこう高確率でこの感覚は理解してもらえます。このまま平凡に仕事をこなして一体自分はどうなるのか?ということについて思い悩むのは、どうやらある程度普遍的な感覚っぽいです。しらんけど。

しかし多くの人々はそれでも平凡な日常を選びます。それは社会的な正しさであり、どうしようもなく真っ当な選択でしょう。仕事行きたくねえだの会社はクソだの言いながら会社に行き、上司や取引先の人間にへこへこしながら日々を過ごすのです。それが正しさだからです。偉すぎ。

 

すみません、前置きが長くなってしまいました。話が逸れつつあるので結論を言いますね。

退職届、出しちゃいました。来月から関東に住みます。てへぺろ (・ω<)

 

なんせたった一度の人生です。たった一度の人生だからこそ、他の誰でもない自分の人生でふざけないと意味がないのです。平凡から脱出しておもしろおかしい人生を送りたい。これはそのための第一歩です。

もちろん仕事を辞めるだとか上京するだとか、その程度のことだけで人生はそう劇的に変わってはくれません。すべてはここから次第ですこの先どうなるのかについて、もちろん考えていることはありますが実際にどうなるかなんて誰にも分かりません。わかりませんが、それでもまあ死にはしないでしょう。そんな感じです。

 

というわけで、一人のオタクが仕事を辞めたというありふれたご報告でした。

ちなみに同じ勢いの馬鹿が偶然にも数人居たのでルームシェアをします。僕の周りには馬鹿しかおらん。

 

いろいろあったけど平成はとても楽しい時代でした。令和はもっと楽しくなるといいですね。皆さんの令和も良き時代になりますように。

 せっかくなので関東の人たちは是非飲みに行きましょう。しばらくは貧乏生活になるのでぜひ奢ってください(クソ) 

それではまた次回の更新でお会いしましょう!お読みいただきありがとうございました。

雑記: Once Upon a Time 他 2019/3

こんにちは。はじめまして。はまです。

今月は仕事がとても忙しくて嫌です。皆さんは嫌ですか?そうですよね。

というわけで僕は不良なので、現在出張の合間に記事をしたためています。

それでは今月もゆるりと!よーろしくー(*> ᴗ •*)ゞ

 

 

#26 おもしろ転職

いっつも東京に行くときに泊めてもらってる仲のいい友達が最近転職を決めました。

なかなか頭がおかしいヤツなので次の仕事が決まる前に退職願を出して、次の家が決まる前に退居を決めたりしてやや心配していました(東京での宿が無くなるし)。しかし先日、無事に次の仕事がご用意されたそうです。ご用意された職業はなんと、AVを作る人です。さすがにおもしろすぎるだろ。

彼は「そのほうが面白いから」という理由で自宅の鍵を土に埋めたりする(暇だったらこの動画みてね。)エンタメ体質の人間です。この時動画を撮ってることは伝えてなかったので、動画的な面白さのためではなくただ個人的な面白さのために埋めてました。完全にアホです。しかしそんな彼だからこそ常人なら踏みとどまるようなおもしろ転職に踏み出せるわけですね。

その姿を傍から見ておもしろがりつつも、同時にものすごい羨ましさを感じている自分がいました。いや、AVを作りたいという話ではないです

最近まあまあ仕事がしんどいです。まだ逃げ出すほどではないですが、そのうち本気で嫌になったときに僕も思い切っておもしろ人生に漕ぎ出したい。そんなことを考えられる前例を友達が作ってくれたことを幸運に思います。

そのときが来たら僕もAVを作る人になります。いや、AVを作る人にはなりません

一応注釈をつけておきましょう。おもしろ職業みたいな扱いをしてしまいましたが、言うまでもなくAVを作る人はとても立派な仕事だと思っています。立派な仕事ですが、やっぱり友達がAVを作る人ってのはとてもおもしろい状況です。どちらも本心なのでご理解いただけますと幸いです。もしAVを作る人がこの記事を読んでお気を悪くされたらすみません。いつもありがとうございます。は~、僕もAVを作る人になりたいなあ。なりたくないけど。

 

 

#27 Once Upon a Time

---------------------------------

「夏の終わり」

2009年 9月1日

気がつけばもう9月だね
今年も
ゆるやかに夏は去ってゆきます

俺の基本概念的には
高校生活
とくに二年までは
今しかできないことを
徹底的に
やるべきだと
思う!


その今しかできない
今やるべきこと
とは


部活と
遊ぶこと!
勉強も少しはやる!
じゃなくて

今は
とことん好きな事やって
徹底的に楽しむべきだ!
とゆーこと


勉強なんて
いませんくても
来年になれば
嫌になるほどできるから

たぶん来年
もっと勉強しとけばよかった
と思うだろうけど
そっからたくさんすればいいし

けど
遊びと部活は
ちゃんとやらんと
もう二度とできんことだから!

今年の夏休み
部活は一回も休まんかったし
意味わからん遊び
しまくったし
かなり楽しんだと思う!

勉強のこととか
次の日の部活だとか
そーゆうのを省みず
今を楽しく生きる
ってゆう

超アホな考えかた
よく言えば
超ポジティブ?
な感じのおかげで

なかなか
いやかなり
高校生活
楽しんでると思う!

それでもやっぱ
決定的に欠けてる部分があって

そうときめきが足りないんだよ
ときめきが!!

なんだろう
高校生って
自然と恋をして
自然と彼女とかいて
そーゆうもんだと信じてたのに

高校生活は楽しんでるから
まぁいっか
とかたまに思うけど
やっぱしよく考えたら
このままじゃ悲しすぎるて

けどまあ彼女なんて
つくろうと思ってできるもんじゃ
ないだろーし
いや無理につくろうと思えば
なんかあるかもしれんけど
それはまたなんか違う話なわけで

難しいよ人生
だから深く考えないで
とにかく今楽しければそれでいいじゃない!

---------------------------------

 

#28 Endless Summer

 お読みいただきました#27は、古のインターネッツから発掘されし「高2の夏休みが終わった時の僕の日記」です。

 なんか狂ったように改行するし方言なのか若者言葉なのかよくわからない言い回しが多いしで読みにくいことこの上ありません。若さが溢れすぎてて正直さすがにけっこう恥ずかしいです。しかし、考えてることの根っこは今の僕と全く同じでびっくりしました。

 読み飛ばした方向けに要約すると、「人生楽しすぎワロタ」「今は今を楽しむことが大事」「彼女できないから人生はクソ」「人生ってさ…」

と言っています。僕が書いたのかってくらい僕と同じこと考えてます。いやまあ僕が書いたんですけど。個人的に「勉強も少しはやる!じゃなくて今はとことん好きな事やって徹底的に楽しむべきだ!」って主張が好きです。今の僕が「今は貯金するより遊べるうちにそのお金を使って遊ぶほうが大事」つって遠征しまくってるのと同じですね。今も昔も変わらずアホみたいです。あと「意味わからん遊びしまくった」が気になります。なにしたんでしょうか。

 生きてりゃ人は緩やかに変わり続けるものなので、昔の自分がその時何を考えてたかって、案外分かるようで分からなかったりします。なのである時点の感情を日記に封じ込めておくと、例えば10年後とかに、ふと発掘されてなにか気づきが得られたりするかもしれません。いやあ日記っていいですね。これからはやばグも10年後を見据えて書くことにします。いえーい10年後の僕、みてるー?✌️

 

そして10年前の僕よ、勝手に晒してすまんな。その先も人生いろいろあるけど、その調子でいけば楽しいことがいっぱいだぞ。今も彼女はおらんけどな!ガハハ

 

 

 

#29 【お題箱】自身を磨くために心がけていることがあれば知りたいです

 世には数多のフェティシズムが存在しますね。手フェチ、二の腕フェチ、腋フェチ、鎖骨フェチ、髪フェチ、耳フェチ、尻フェチ、脚フェチ…挙げだすとキリがありません。

 これらのほとんどが、生まれ持った性質をフェティシズムの対象としていることにお気づきでしょうか。なので例えば、僕の生まれ持った逞しい2本の脚では、どうあがいても脚フェチの人の心の琴線に触れることは叶わないのです。この努力で超えることのできない隔たりのことをフェチの壁(fetishism wall)と言うそうです。もちろん適当に言っているので本当はそんな言葉ありません

 つまりなにが言いたいのかというと、匂いフェチだけは努力で乗り越えられるのではないかということです。考えれば考えるほど、いい匂いになる努力をしない理由がない気がしてきませんか?というわけで、お題箱に寄せられたこのテーマへの回答は以下の通りです。

Q.自身を磨くために心がけていることがあれば知りたいです

A.最近柔軟剤を変えました

 

 …これといって自分を磨く努力ができていないのでクソみたいな回答しかできませんでした。投稿してくれた方ごめんなさい、そしてありがとうございました!

というわけで、雑記で話してほしいテーマを随時募集しています。匿名なのでなんでもどうぞ!→ はまのお題箱

 

 

 

さて、今月もお読みいただきありがとうございました。普段は5話掲載のところ、なんと今月は4話掲載です。理由は簡単。ネタが尽きたからです(*> ᴗ •*)ゞ

4話でネタが尽きた時、無理して5話目をひり出すのではなくさっと切り上げる。これが出来る大人の雑記ブログです。しらんけど。

 

次回はついに平成最後の雑記ですね。最後まで平成を楽しんでいきましょう!それではまた来月。

雑記: 以下の文章を読み、次の設問に答えよ。 他 2019/1-2

 こんにちは。はまです。

 

 さて、さっきまで2017年だったのに早くも2019年の1/6が過ぎようとしています。もう2019年も終わったも同然ですね。最近時間が経つのが早くて困っています。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 というわけで、最近はけっこういろんなことをしていました。いろんなことをしていたので、今回も雑記は合併号となります。それでは今月もゆるりと、よーろしくー(*> ᴗ •*)ゞ

 

 

#21 石油王と僕

 雑記を書くにあたって、思いついた「あ、これネタになるかも」みたいな事柄を適当にメモっています。 雑記でも書くかとなった時に毎度そのメモを眺めるんですが、それはそれはもうクソみたいなことしか書いておらず全く参考になりません。結局ほぼ毎回0から書くはめになります。その雑記メモのひとつに、

「石油王はコンビニで会計がぞろ目だったからといって喜ぶことは無い」

というものがありました。幸せとは何かを考えさせられる、深そうで深くない少し深い言葉ですね。この時たしか「いや別に石油王なりたくないな?なりたいけど」ってことを考えながらこのメモを残したのですが、当時の僕はどうやってこの話を広げるつもりだったのでしょうか?気になります。

 しかしこうやって没ネタとして供養することで、結果として一本雑記を書くことができました。ついでに「え、石油王の話読みたかったな」と思わせる効果も発揮している可能性があります。読んだ皆さんは気になりすぎてついやばグの読者登録してしまったことでしょう。

雑記は実に奥が深いですね。みなさんも気をつけてください。

 

#22 以下の文章を読み、次の設問に答えよ。

 自分自身の「物語を読み解く力」を定量的に測る手段はないものかとふと思い立って、今年のセンター試験の現代文を解いてみました。

 結果は100点満点中66点。微妙すぎてなんとも言えないことこの上なしです。現役受験生だったころはセンター7割くらいを目標にしてた気がするので、当時の僕よりも少しアホになってしまったようです。

 まあ点数はさておき、久しぶりに現代文を解くのはけっこう楽しかったです。評論の内容が純粋に面白かったし、"正解"が用意された状態で文章を読み解くなんてことはおそらく高校を卒業したらなかなかない経験だと思います。

 皆さんもよかったら是非解いてみてください。ブロガーの方々がどれくらい点を取るのか純粋に気になりますし、もしかしたら何か身になることがあるかもしれませんよ。

 

 問. 以上の文章を書いた筆者の気持ちとして、適切ではないものを以下から一つ選択せよ。

 「物語を読み解く力」を定量的に測る手段など実際には存在するはずがないという気持ち
 66点という結果を不甲斐なく思う気持ち 
 センター7割くらい取っていた高校時代の自分は馬鹿ではなかったということをアピールしたい気持ち
 ブロガーの方々がどれくらい点を取るのか純粋に気になる気持ち
おっぱいが大きくて気立ての良い彼女が欲しいという気持ち
 

 

#23 てくてくオタク

 しばらく前の雑記(雑記:くまモンと地元愛 他 2018/08 #5)で、僕なりのアウトプットする意味、みたいなことを書きました。その時にも引用したのですが、ヨッピー氏著「明日クビになっても大丈夫!」という本がありまして、これがとにかくおもしろいのです。

 その中に書かれていることの一つとして、「消費する趣味」を「生産する趣味」に変えることの重要性、みたいな話があります。や、もう読んでくれという気持ちしかないのですが(今kindle版が50%OFFになってるよ)、とにかくクオリティはさておき、他人に向けてアウトプットすることが大事だという話が書いてあります。 

 

 とまあ、そういう感じ(どういう感じ?)でアウトプットオーガと化していたのが2月頭くらいのことです。劇場版の感想記事*1、演奏動画*2、イラスト*3、そして旅動画*4とばばーっとやってみました。

 あんまり保険をかけるような文言を添えるのはよくないので出来るだけ言わないようにしてはいるのですが、正直ひとつひとつの質はうんちみたいなものです。ちゃんと自覚してます。

 なので毎回ビクビク怯えながら公開してるんですが、それでも見てくれる人、良いと言ってくれる人が居てくれて、本当に助かってます。仲のいい人は僕だからという理由で観てくれたりするし(超うれしい)、逆に僕を全く知らないFF外とかから面白かったと言ってもらえたりもしました(超うれしい)。

 観てくれる人の存在に背中を押してもらえることで、少しだけ自分に自信が持てたりして、もっと期待に応えたい、なんて思うようになります。そうしてアウトプットの質も少しずつ磨かれていって、できなかったことができたりするわけです。いまはまだ未熟だけどね。

 

 思うに僕は、ただの社会の歯車では居たくないのだと思います。仕事は趣味へ向かう途中だと思って割り切ってやってるつもりなのですが、でもやっぱりそれじゃちょっとダメっぽいんです。何がダメかはわからんけど。

 や、社会の歯車がどうとか言ったらちょっとカッコつけすぎて気持ちが悪いですね。簡単に言うとちやほやされたいとかモテたいとか、そんな感じです。みんなもそうでしょ?なので僕はこれからもがんばって挑戦です。お付き合いよろしくね。

 

 というわけで、この章で伝えたいことは「明日クビになっても大丈夫!」を読んくれということでした!よろしくお願いします。(今kindle版が50%OFFになってるよ)

 

#24 対戦ありがとうございました

これはまじで秘密の話なので皆には内緒なのですが、実は昨年の11月ごろ、知り合いの猛プッシュを受けて1か月間マッチングアプリの有料会員だったことがあります。その時の成果や感じたことなどのお話を少ししましょう。

 

 知らない人も多いと思うので簡単にマッチングアプリの仕組みを説明します。まずは地域やら年齢やらでプロフィールを検索し、いいねと思った相手に「いいね!」を送ります。そして、それに対して相手も「いいね!」と返してくれたらマッチング成立。お相手氏と直接メッセージのやりとりをすることが出来るようになります。そこから先はご自由に、LINE交換なり会う約束なりをすればええやん、というのが基本的な仕組みです。いろいろなマッチングアプリがありますが、概ねこういう仕組みっぽいです。しらんけど。

 そして恐ろしいことに、男性会員は送られてきたメッセージを読むためには有料会員登録が必要となります。つまり無料でやりとりをすることは不可能ということですね。一方女性会員はメッセージのやりとりも無料でできるそうです。無料で出会えます。なんて不公平な、という感じですが、そのおかげで女性ユーザーが供給されるわけですから男性側としてもやぶさかではない、という構造なわけですね。なるほど。

 有料会員ですが、1ヶ月プランでたしか3000~4000円くらいしました。なかなかの価格設定です。これを払ったからには妥協は出来ないので、それなりに本気のプロフィールを作ることにしました。

「IT系の仕事」「趣味は楽器を弾くこと」「ひとり暮らしで家にはホームシアターが」

などと耳触りの良さそうな文言を並べ(嘘はついてないよ)、いい感じにさわやかに見える写真を設定し準備万端です。

 

 1ヶ月を通して、マッチングアプリという世界に対して僕が抱いた感想は、一言で言うと「地獄かよ」でした。 

 おそらく女性側には、数多の男から無尽蔵にいいねが飛んでくるのでしょう。そこからいくらでも選り好みができるわけで、蝿のようにたかってくる男性ユーザーをどこか見下しながら選別しているような印象を受けてしまう事が少なからずありました。すぐメッセージ返ってこんくなる。

 一方こちら側からしても、心のどこかで1歩引いた目線で、「マッチングアプリで出会おうとしてる女の人だしな」みたいな、そういう不誠実な気持ちが全く無かったと言ったら嘘になるでしょう。

 

 そう、なんとこの世界では男女がお互いに「ちょっと見下し合ってある」のです。(※個人の感想です)

地獄だ…。

 

 結果として、1度だけ出会った女の子と飲みに行きました。しかしこれといって大きく盛り上がることもなくふわっと解散。その後特に連絡を取る事もなく1ヶ月の会員期間が終わったのでアカウントを削除しました。

 いやでも、ある程度のコミュ力爆弾の方ならわりと気軽に友達作ったりできていいアプリなんじゃないかと思います。しかし僕にはマメさとコミュ力とステータスが足りませんでした。完敗です。対戦ありがとうございました。

 

 以上です。なんか参考になりましたか?なぜかマッチングアプリの話に一番文字数を使ってしまいました。この章一体なんだったんでしょうか。

 

#25 お題箱

雑記テーマ枯渇問題が昨今僕の中で話題ですが、裏技を考えました。そう、お題箱です。

匿名性を武器に、なんでもいいのでテーマを与えてください。アニメの話からプライベートな話題や哲学的な問いかけまで、ほんっとになんでもいいです。政治と宗教の話はダメです。なんか良くないらしいので。

とはいえ、その辺の一般オタクに聞きたいことなどなかなか無いと思うので難しいとは思います。できるだけ拾っていきたいと思いますので、どんなに下らないことでもいいので、なんか思いついたらぜひお願いします…。

なんと「テーマくれや」で一本消化するというずるをしてしまいました。まあそんな日もあるよね。 

odaibako.net

 

----

 

というわけで、今月もお読みいただきありがとうございました。

#22、書いてて「やべこれオチないぞまたボツか」と思ってたところで問題を追加するという圧倒的閃きによっていい感じになったので、我ながらよくやったと褒めてあげたいです。えらい。問題部分はjavascriptで書いたのですが、はてなブログのHTMLエディタが勝手にインデントを破壊してくるのでとても書き辛くて嫌でした。その反動が#25の雑さに来てるのではないかというのが有識者の方々の見解です。

 

それでは今月はここまでです!また次回の記事でお会いしましょう。

では!